Loading

作業療法士会について

作業療法士について

身体または精神に障がいのある者、又はそれが予測される者に対して、その主体的な生活の獲得を図るため、 諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療、訓練、指導および援助をいいます。

(社)日本作業療法士協会・定義より

作業療法の対象

子供からお年寄りまで、生活に障がいをもつすべての人々と関わります。
日常活動の諸動作、 仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。

主に身体に障がいがある人

脳卒中
パーキンソン病
脊髄損傷
関節リウマチ
手足の切断、骨折・外傷、
廃用症候群など

主に心に障がいがある人

統合失調症
躁鬱病
アルコール依存症
薬物依存症
摂食障害知症など

体や情緒に障がいがある人

脳性麻痺
知的障がい
精神発達遅延
学習障害
自閉症
筋ジストロフィー症など

高齢期で障がいがある人

認知症
脳卒中
骨折

作業療法の領域

医療機関をはじめ、保健、福祉、教育・職業領域と幅広い分野で展開されています。
具体的には一般病院や精神科病院、介護保険関連施設や介護支援事業所、デイケアや訪問リハビリに訪問看護ステーション、 地域の保健センターや福祉センター、また作業療法士養成校などです。

作業療法の目的

3つの能力を維持、改善します

  1. 基本能力(運動機能、精神機能)
  2. 応用能力(食事やトイレなど生活で行われる活動)
  3. 社会生活適応能力(地域活動への参加・就労就学の準備)
    また
  1. 環境(人的環境、物理的環境)の調整
  2. 社会資源や諸制度の活用

を促します

作業療法士のいる施設

身体障がい
病院・リハビリテーションセンター、身体障害者更正施設、身体障害者養護施設 身体障害者福祉センター、保健所・保健センター、職業センター・地方自治体
発達障がい
小児病院、重度心身障害児施設等の児童福祉施設、総合療育センター 養護学校、幼稚園・保育所
精神障がい
精神病院、精神保健福祉センター、精神障害者社会復帰施設、精神障害者小規模作業所
老年期障がい
療養型医療施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター 訪問看護ステーション、訪問リハビリテーション、地域包括支援センター
養成・研究施設
専門学校、医療短期大学・四年制大学、大学院

日本作業療法士会の紹介

詳細は、(社)日本作業療法士協会のホームページをご覧ください。

PAGE TOP